宇波彰現代哲学研究所

多種多様な「知」の交流を通じ文化創造との実践的な橋渡しをめざし、新たな学問分野の開拓を行う研究機関のブログです。

書評:堀江秀史著『寺山修司の写真』

 今回とりあげる書物は、堀江秀史著『寺山修司の写真』(青土社、2020年)である。

「寺山修司の写真」というと、さまざまなジャンルを横断したことで知られる寺山は写真にも手を出していたのか、と驚く人が多いだろう。あるいは、少し詳しい人なら、天井桟敷の活動に平行して撮られた1970年代の幻想的な演出写真を思い浮かべるかもしれない。1975年には『幻想写真館 犬神家の人々』(読売新聞社)を出版しているし、死後25年経った2008年には『写真屋・寺山修司 摩訶不思議なファインダー』(フィルムアート社)が田中未知の手によって刊行されている。しかし、一般的にいって、寺山は、写真というジャンルについては、これまでのところ、短歌や映画、演劇活動ほどには重要視されておらず、本格的に論評されることはなかった。

そんな中で上梓されたこの著作は、寺山が、1960年代に、写真史上重要な位置を占める中平卓馬と森山大道という二人の写真家の駆け出しの頃を企画組織者、批評家として支え、濃密な相互交渉をもっていたことにスポットを当て、その写真史的な意義を明らかにすると同時に、1970年代以降にみせた寺山の写真家(アマチュア、半写真家)としてのありようを、そうした相互交渉の産物として読み解きながら、独自の視点でアプローチした書物である。

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop

生命の根源としての血の流れ

 1118日から来年の124日まで、さいたま市のうらわ美術館で「芳年―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」という展覧会が開催されている。詩人の野口米次郎が『六大浮世絵師』の中で「最後の浮世絵師」と呼んだ月岡芳年。江戸川乱歩が「残虐への郷愁」と、三島由紀夫が「飽くなき血の嗜慾」と述べ、彼の描いた血みどろ絵を偏愛したことはよく知られている。また、永井荷風が「明治に於ける江戸浮世絵最終の悌なり」と語り、称賛した美人画を描いた芳年。彼の作品を見るために私はこの展覧会に向かったのだが、芳年の作品全てに強く惹かれた訳ではなかった。私が見つめたいと思ったものは、戦争絵を描いた画家としての彼の作品であった。

 私は二年前に「藤田嗣治あるいは戦争画の巨匠」という拙論を書いた。その中で藤田の 「アッツ島玉砕」(1943:以後、作品の後に書かれた数字は制作年である)、「血戦ガダルカナル」(1944)、「サイパン島同胞臣節を全うす」(1945) といった戦争画には芳年の血みどろ絵や戦争絵の影響が少なからず存在しているのではないかという仮説を提示したが、この仮説をもっと厳密に、多角的視点から見つめていく必要性を感じていた。今回の展覧会はこの検討を行うために絶好の機会を与えてくれると思われたのである。

 それゆえ、ここで検討する問題は芳年の作品のみに焦点を当てたものでも、芳年の浮世絵全体を対象とするものでもない。日本の戦争画を俯瞰した場合の芳年の作品の位置というものの考察と、芳年の錦絵と藤田の後期戦争画と呼び得る作品とを比較することにあるのである。

つづきを表示

PageTop

書評:宇佐見りん著『かか』

今回とりあげる書物は、2019年に文藝賞、2020年には三島由紀夫賞を受賞した、宇佐見りん著『かか』である。文藝賞は20歳という若さで受賞し、三島由紀夫賞も最年少の受賞となって注目を浴びたが、若さゆえの新生さと、若さには不似合いなほどたくらみに満ち、思想性をひそませた作風に、私はすこぶる感銘を受けた。以下、現在思いつく限りを書いた書評である。

つづきを表示

PageTop